市販薬・健康

サンテボーティエ ムーンケアの効果は?!薬剤師が成分や違いを説明!

2018年9月10日に発売となった「サンテボーティエ ムーンケア」

香水のような可愛らしボトルが特徴のサンテボーティエのシリーズは、可愛いもの好きの女子にはたまらない商品です。私が務めていたドラッグストアでは、ピーク時は1日に200個以上売れることも。

それくらい人気の高いシリーズであるサンテボーティエ。このたび新しく出た「サンテボーティエ ムーンケア」はいったいどのような商品なのでしょうか。人気のシリーズだからこそ期待が高まりますね。

今回は「サンテボーティエ ムーンケア」に入っている成分、効果などを詳しく解説していきます。

サンテボーティエ ムーンケアの基本情報

created by Rinker
参天製薬
¥1,211
(2019/07/19 09:25:25時点 Amazon調べ-詳細)

まずは、サンテボーティエ ムーンケアがどのような商品なのかを見ていきましょう。「ムーン」という名前なので夜に使う目薬?それとも目の回復を促す目薬?と想像が膨らみますがどうなのでしょうか。

商品コンセプト

おやすみ前にも1日頑張った瞳を代謝ケアして
健康的でみずみずしく輝く瞳に

サンテボーティエの公式サイトによると、どうやらおやすみ前に瞳のケアをすることを目的として発売された目薬のようです。だから「ムーンケア」なんですね。

商品情報

〈販売メーカー〉
参天製薬

〈医薬品の分類〉
第二類医薬品

〈内容量〉
12ml

〈用法用量〉
1回1~3滴、1日5~6回点眼してください。

〈効能〉
目の疲れ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、結膜充血、目のかすみ(目やにの多いときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

〈定価〉
1,500円(税抜)

 

サンテボーティエ ムーンケアの成分と効果

「サンテボーティエ ムーンケア」には5種類の成分を配合。5種類それぞれの成分がどのような効果を持っているのか、1つずつ解説していきます。

配合成分

  • L-アスパラギン酸カリウム・・・1.0%
  • パンテノール・・・0.1%
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・・・0.5%
  • 天然型ビタミンE(酢酸d-α-トコフェロール)・・・0.05%
  • 塩酸テトラヒドロゾリン・・・0.01%

L-アスパラギン酸カリウム

L-アスパラギン酸カリウムは目の新陳代謝を促進する成分ですね。目薬にはよく配合されています。目を健康に保つのに役立ちます。

パンテノール

パンテノールはビタミンの1種で、ビタミンB群の仲間です。こちらも目薬にはよく配合されていますね。L-アスパラギン酸カリウムと同様に、目の新陳代謝を促進してくれる成分です。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

角膜保護作用に優れているコンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、ドライアイ用の目薬に配合されていることが多い成分。

病院だとヒアレインが角膜保護の目薬として多く処方されますが、市販だとこのコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが多く使われています。

天然型ビタミンE

ビタミンEは血行をよくする働きのある成分です。血液の流れが悪くなると、目に必要な栄養素が十分に運ばれなくなり、疲れの原因になってしまいます。

血行をよくすることは、目の疲れを取る上でとても重要なことです。

塩酸テトラヒドロゾリン

塩酸テトラヒドロゾリンは血管収縮剤ですね。血管をきゅっと収縮させることで目の充血を取ってあげる成分です。

瞳をキレイに見せるための目薬やアレルギー用の目薬に配合されています。

サンテボーティエ ムーンケアの効果


配合されている5つの成分から、以下のような効果が期待されます。

  • 充血を取る
  • 目の疲れを取る
  • 角膜を保護する

塩酸テトラヒドロゾリンが充血を取り、L-アスパラギン酸カリウムとパンテノールが目の新陳代謝を促進し疲れを緩和。天然型ビタミンEも血行をよくすることで疲れの緩和に働きかけます。

また、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが配合されているので、角膜を保護する効果にも優れている目薬です。

今までのサンテボーティエとは何が違うの?

今まで販売されていたピンク色のサンテボーティエとはいったい何が違うの?どっちの方がオススメなの?と思われる方もいるのでは?

現在、サンテボーティエのシリーズには

  1. サンテボーティエ
  2. サンテボーティエ コンタクト
  3. サンテボーティエ ムーンケア

の3種類があります。

created by Rinker
サンテ
¥982
(2019/07/19 09:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
サンテ
¥1,099
(2019/07/19 09:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

少し前まではサンテボーティエしか商品がなかったのですが、人気が高いため今ではラインナップが3種類にまで増えたんですね。でも、購入する側からするとラインナップが増えるほど、どれを買ったらいいのか分からなくなってしまうことも。

そんな方のために、「サンテボーティエ」と「サンテボーティエ コンタクト」「サンテボーティエ ムーンケア」をわかりやすく比較していきましょう。

 

サンテボーティエ サンテボーティエ
コンタクト
サンテボーティエ
ムーンケア
参考価格(税抜) 1,200円 1,500円 1,500円
コンタクト 使用不可
(ハードは使用可)
使用可能 使用不可
(ハードは使用可)
香り ローズの香り 香りなし フローラルハーブの香り
タウリン × ×
ビタミンB6 × ×
ビタミンB12 ×
天然型ビタミンE × ×
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム ×
塩酸テトラヒドロゾリン ×
クロルフェニラミンマレイン酸塩 × ×
ネオスチグミンメチル硫酸塩 × ×
L-アスパラギン酸カリウム × ×
パンテノール × ×

 

サンテボーティエ

created by Rinker
サンテ
¥982
(2019/07/19 09:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

サンテボーティエは、目の疲れを緩和することを目的とした目薬。注すとふんわりローズの香りがただよいます。眼科でも疲れ目に処方されるビタミンB12が配合されているのが1番の特徴です。

その他、目の新陳代謝を促進するタウリン、充血を取り除く塩酸テトラヒドロゾリン、かゆみを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩などが配合されています。

サンテボーティエ コンタクト

created by Rinker
サンテ
¥1,099
(2019/07/19 09:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

コンタクト用ということで、成分は非常にシンプル

ビタミンB6、ビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩の3つが配合されています。

ビタミンB6が新陳代謝を促進、ビタミンB12が疲れを緩和、ネオスチグミンメチル硫酸塩がピント機能の調節をしていく目薬です。

サンテボーティエ ムーンケア

created by Rinker
参天製薬
¥1,211
(2019/07/19 09:25:28時点 Amazon調べ-詳細)

今回新しく出た「サンテボーティエ ムーンケア」は、目の保護や新陳代謝の促進を目的とした目薬。目のターンオーバーに関わるL-アスパラギン酸カリウムやパンテノール、血行を促進する天然型ビタミンEを配合することで、瞳のケアをしていきます。

また、フローラルハーブの香りがついているのも特徴です。目薬にハーブの香りを採用したのはこの「サンテボーティエ ムーンケア」が初めてなのではないでしょうか。

  • サンテボーティエ → 目の疲れに
  • サンテボーティエ コンタクト → コンタクトを装着している方に
  • サンテボーティエ ムーンケア → 瞳のケアをしたい方に

サンテボーティエ ムーンケアの評価

サンテボーティエシリーズのすべてに共通して言えることがあるのですが、正直、成分の割に値段が高いです。とくにサンテボーティエ コンタクトは割高さが際立ちます。

500円ちょっと出せば、似たような目薬が手に入りますからね。

created by Rinker
ロート目薬
¥517
(2019/07/19 09:25:28時点 Amazon調べ-詳細)

サンテボーティエとサンテボーティエ ムーンケアも割高です。割高なのですが、他の目薬にはない可愛らしいパッケージ、香りつきの目薬といった点では他に変わりの商品がないとも言えます。

サンテボーティエのシリーズは、効果よりも見た目や香りを楽しみたい方向きの目薬ですね。私も可愛いパッケージに惹かれて実は1個、過去に購入しています。

同じ価格帯でオススメの目薬は?

目薬の多くは300円~600円前後のもの。ちょっと高いかなというのが800円前後、1,000円を超えると高価格帯の目薬です。

サンテボーティエのシリーズはどれも1,000円を超える高価格帯の目薬。サンテボーティエはどれも割高だと先ほど言いましたが、ではどの目薬なら割高ではないと言えるのでしょうか。

同じように1,000円を超える目薬の中から薬剤師の私がオススメする目薬をいくつかご紹介します

Vロートアクティブ プレミアム

created by Rinker
ロート目薬
¥782
(2019/07/19 09:25:29時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの目薬、とにかく配合されている成分の数が多いんです。なんと、9種類も配合されています。

〈配合成分〉

・レチノールパルミチン酸エステル(ビタミンA)
・塩酸テトラヒドロゾリン
・ネオスチグミンメチル硫酸塩
・クロルフェニラミンマレイン酸塩
・ビタミンB6
・酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)
・ L-アスパラギン酸カリウム
・ タウリン
・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

〈特徴〉

涙の分泌の調節をしてくれるレチノールパルミチン酸エステル、充血を取る塩酸テトラヒドロゾリン、ピント調節機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩…。とにかくさまざまな成分が配合されてりるこちらの目薬。

目の疲れや、乾き、ゴロゴロ、かゆみや充血をあらゆる目のお悩みに対応できる目薬です。

サンテメディカル12

created by Rinker
サンテ
¥878
(2019/07/19 09:25:30時点 Amazon調べ-詳細)

ボーティエと同じメーカーである参天製薬から販売されているサンテメディカルは、成分が非常に充実している疲れ目用のお薬。こちらはなんと12種類もの成分が配合されています。

〈配合成分〉

ビタミンB12(シアノコバラミン)
ネオスチグミンメチル硫酸塩
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
パンテノール
L-アスパラギン酸カリウム
タウリン
クロルフェニラミンマレイン酸塩
・イプシロン-アミノカプロン酸
・グリチルリチン酸二カリウム
・硫酸亜鉛水和物
塩酸テトラヒドロゾリン

〈特徴〉

成分を見て何か気づいた方はいらっしゃるでしょうか。先に紹介したサンテボーティエシリーズの成分と同じ成分が多く配合されています。

サンテボーティエシリーズにも入っている成分を太文字にしているのですが、なんとメディカル12にはサンテボーティエとサンテボーティエ コンタクトに配合されているすべての成分が含まれているのです。

「サンテボーティエ ムーンケア」に関しても、配合されている5種類の成分のうち天然型ビタミンEを除いたすべての成分が入っています。

サンテメディカルはサンテボーティエシリーズの成分をほとんど網羅している上に、目の炎症を抑える成分が3つも追加されているというなんとも贅沢な目薬です。

効果を求めるなら圧倒的にこのサンテメディカル12 をオススメします。

まとめ

新たにサンテボーティエシリーズに追加されたサンテボーティエ ムーンケア。瞳のケアをしたい方をターゲットとした目薬です。可愛らしいボトルで香りつきという、女子の心をくすぐる目薬は他にはないでしょう。

サンテボーティエ ムーンケアの特徴を簡単にまとめると

  • 瞳のケアができる
  • 成分の割にお値段は高め
  • ボトルが可愛くフローラルハーブの香りつき

といったところです。

やはりサンテボーティエシリーズは、どれも成分の割にお値段が高めなのがネック。コスパの良さ、効果の高さを求めるのであれば同じ参天製薬から発売されているサンテメディカル12 がオススメ。

可愛さを求める?それとも効果?

目薬は値段が高いものが必ずしも効果も高いというわけではありません。自分が求めているのは何なのかを明確にして選ぶことが大切です。

created by Rinker
参天製薬
¥1,211
(2019/07/19 09:25:28時点 Amazon調べ-詳細)

目の疲れにおすすめの市販薬はコレ!ツライ眼精疲労を目薬や飲み薬で改善しよう「目がショボショボする」 「ピントが合わなくてボヤける…」 とくにパソコンを使ったデスクワークをされている方は、深刻な目の疲...