市販薬・健康

湿布薬「フェイタス」の違いを比較!効果や成分を解説

久光製薬から販売されている「フェイタス」のシリーズ。痛みをしっかり抑えてくれるイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。

現在はなんと19種類もの商品が販売されています。

悩む人

これだけ種類が多いとどれを選んだらいいのかわからない。効果が高いのはどれだろう?

あまりにも種類が多いと、種類ごとの違いがなかなかわかりませんよね。購入しようと思っても選び方がわからない方も多いかと思います。

そこで今回は、フェイタスのシリーズ全19種類の効果や成分の違いを見ていきましょう。

  • フェイタス
  • フェイタスZαジクサス
  • フェイタスZ

今回は大きく上記の3つにわけてそれぞれ違いを紹介します。

岡本

記事が長くなっているので、合うものだけ知りたい方は「フェイタスシリーズの選び方」からご覧ください。

フェイタスの有効成分の違い

フェイタスの有効成分の違い

商品名に「Z」がつかないフェイタスのシリーズは、すべて主成分がフェルビナクです。

フェルビナクは、市販の湿布薬に使われている鎮痛成分のなかでは上から二番目によく効く成分として知られています。

商品によってフェルビナクの配合量が違うので、購入するときはどれだけ入っているかを確認するとよいでしょう。

フェルビナクは、市販の外用薬の中では効果の高さが上から2番目くらいの位置づけです。

フェイタス5.0・大判サイズの有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
フェルビナク5.0g痛みと炎症を抑える
l-メントール3.5g清涼感を与えて痛みを和らげる
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)2.3g血行をよくする

「フェイタス5.0」と「フェイタス5.0大判サイズ」は、主成分のフェルビナクが5.0g配合された湿布薬です。

フェルビナクは鎮痛効果が高い成分として知られて、炎症を抑える効果も持ち合わせています。

無臭ではありませんが、微香性なので学校や仕事で使ってもにおいが気になりません。

フェイタス5.0温感・大判サイズの有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
フェルビナク5.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3.5g 清涼感を与えて痛みを和らげる
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)2.3g血行をよくする
ノニル酸ワニリルアミド0.0085g患部を温める


「フェイタス5.0温感」と「フェイタス5.0温感大判サイズ」は、患部を温める効果がある湿布薬です。

主成分として鎮痛効果と抗炎症効果のあるフェルビナクが配合されています。筋肉がこわばっていたり、冷えで痛みが増すようなときの使用に向いている商品です。

フェイタスシップの有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
フェルビナク0.7g 痛みと炎症を抑える

「フェイタスシップ」 は、鎮痛効果のあるフェルビナクのみが配合された湿布薬です。

水分を多く含むジェル状の軟膏を使用したパップ剤なので、患部をひんやりと冷やす効果があります。

患部が熱をもっていたり腫れていたりするときに向いている商品です。

岡本

フェイタスシリーズで唯一の冷感タイプです。

フェイタスシップ温感の有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
フェルビナク0.7g 痛みと炎症を抑える
トウガラシエキス0.1g(原生薬換算1.25g)患部を温める

「フェイタスシップ温感」は、患部を温めるトウガラシエキスが配合された湿布薬です。

温感刺激により血行を促進し、温めながら痛みを取り除きます。主成分はフェルビナクです。痛みの原因となる物質が作られるのを阻害することで、元から痛みをシャットウアウトします。

フェイタイスローションの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
フェルビナク3.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3.0g 清涼感を与えて痛みを和らげる

「フェイタイスローション」は、手を汚さず痛みがあるところにさっと塗れるローションタイプの外用薬です。

痛みや炎症を抑えるフェルビナクと、清涼感を与えるl-メントールが配合されています。

「服の上から湿布薬が見えてしまうのが嫌だ」「周りにバレずに痛みを止めたい」という方に向いているでしょう。

フェイタスチックEXの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
フェルビナク3.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール6.0g 清涼感を与えて痛みを和らげる

「フェイタスチックEX」は、必要な分だけ繰り出して使うタイプの外用薬です。

リップクリームのような感覚で使用します。楕円形になっているので、太塗りと細塗りの両方を使いわけられることが特徴です。

フェイタスクリームの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
フェルビナク3.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3.0g 清涼感を与えて痛みを和らげる

「フェイタスクリーム 」は、患部にしっかり塗り込めるクリームタイプの外用薬です。

なめらかな使用感なので、すーっと伸びます。マッサージをしながら塗り込みたい方に向いているでしょう。

フェイタスゲルの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
フェルビナク3.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3.0g 清涼感を与えて痛みを和らげる

「フェイタスゲル」は、さらっとした塗り心地が特徴の外用薬です。

塗った後はすぐにゲルが乾くので、服についたりベタついたりする心配がありません。

容器がプラチューブになっているので、最後までしっかり絞り出して使えることも特徴です

フェイタスの有効成分の違いまとめ

商品名効果フェイタス5.0・大判サイズフェイタス5.0温感・大判サイズフェイタスシップフェイタスシップ温感フェイタイスローションフェイタスチックEXフェイタスクリームフェイタスゲル
画像
フェルビナク痛みと炎症を抑える5.0g5.0g0.7g0.7g3.0g3.0g3.0g3.0g
l-メントール清涼感を与えて痛みを和らげる3.5g3.5g3.0g6.0g3.0g3.0g
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)血行をよくする2.3g2.3g
ノニル酸ワニリルアミド患部を温める0.0085g
トウガラシエキス0.1g(原生薬換算1.25g)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

フェイタスZαジクサスの有効成分の違い

フェイタスZαジクサスの有効成分の違い

「フェイタスZαジクサス」は、主成分としてジクロフェナクナトリウムが配合された商品です。

ジクロフェナクナトリウムは市販の湿布薬のなかではもっとも鎮痛効果が高い成分として知られています。

より高い鎮痛効果を期待する方は、フェルビナクではなくこちらのジクロフェナクナトリウムが配合されているものを選びましょう。

フェイタスZαジクサス・大判の有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム2.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3.5g 清涼感を与えて痛みを和らげる

「フェイタスZαジクサス」と「フェイタスZαジクサス大判」は、鎮痛効果の高いジクロフェナクナトリウムが主成分の湿布薬です。

1日1回貼るだけで効果が24時間続きます。痛みがとくにつらい方、張り直す時間がない方に向いているでしょう。

フェイタスZαジクサス温感・温感大判の有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム2.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3.5g 清涼感を与えて痛みを和らげる
ノニル酸ワニリルアミド0.01g患部を温める

「フェイタスZαジクサス温感」と「フェイタスZαジクサス温感大判」は、患部を温めながら痛みをしっかり取り除いてくれるタイプの湿布薬です。

主成分のジクロフェナクナトリウムが痛みをもとからブロックし、ノニル酸ワニリルアミドが患部を温めて血行をよくします。

筋肉がこわばっていたり、体が冷えると痛みが増す方は温感タイプを選んでみてください。

フェイタスZαジクサスシップの有効成分

成分名成分量(膏体100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム1.0g 痛みと炎症を抑える

「フェイタスZαジクサスシップ」は、主成分としてジクロフェナクナトリウムが配合された湿布薬です。

膏体100gあたり1.0gのジクロフェナクナトリウムが配合されています。同じシリーズの「フェイタスZαジクサス」や「フェイタスZαジクサス温感」と比べて、成分の量が半分になっていることが特徴です。

「効果が高い湿布薬がほしいけど、胃のムカムカなどの副作用が気になる」という方でも使いやすいでしょう。

岡本

主成分は「フェイタスZαジクサス」と同じですが、配合量が違います。フェイタスZαジクサスは膏体100g中2.0gのジクロフェナクナトリウムが配合されていますが、こちらは1.0gです。

フェイタスZαジクサスゲルの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム1.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール4.5g清涼感を与えて痛みを和らげる
グリチルレチン酸0.05g炎症を抑える
ノニル酸ワニリルアミド0.02g患部を温める

「フェイタスZαジクサスゲル」は、心地よい刺激が長持ちするようにノニル酸ワニリルアミドが配合された外用薬です。

炎症を抑えるグリチルレチン酸も配合されています。

塗ったとの「ジリジリする感じ」が好きな方に向いているでしょう。

フェイタスZαジクサスの有効成分の違い比較

商品名効果フェイタスZαジクサス・大判フェイタスZαジクサス温感・温感大判フェイタスZαジクサスシップフェイタスZαジクサスゲル
画像
ジクロフェナクナトリウム痛みと炎症を抑える2.0g2.0g1.0g1.0g
l-メントール清涼感を与えて痛みを和らげる3.5g3.5g4.5g
ノニル酸ワニリルアミド患部を温める0.01g0.02g
グリチルレチン酸炎症を抑える0.05g
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

フェイタスZの有効成分の違い

フェイタスZの有効成分の違い

「フェイタスZ」のシリーズも「フェイタスZαジクサス」と同様に鎮痛成分としてジクロフェナクナトリウムが配合されています。

ローションとクリーム、ゲルの3つが販売されていますが、効果に違いはありませんので使いやすいものを選びましょう。

フェイタスZαローションの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム1.0g 痛みと炎症を抑える
l-メントール3g清涼感を与えて痛みを和らげる

「フェイタスZαローション」は、外用薬のなかでもっとも鎮痛効果が高いジクロフェナクナトリウムが主成分です。

肩や首、背中など1人では湿布薬を貼りづらい部位でも、片手でするすると簡単に塗れます。

フェイタスZクリームの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム1.0g 痛みと炎症を抑える

「フェイタスZクリーム」は、鎮痛効果を発揮するジクロフェナクナトリウムが配合された外用薬です。

べたつきが少なくなめらかに伸ばせることが特徴です。患部をマッサージしながらよく塗り込みたい方に向いているでしょう。

フェイタスZゲルの有効成分

成分名成分量(100g中)効果
ジクロフェナクナトリウム1.0g 痛みと炎症を抑える

「フェイタスZゲル」は、鎮痛効果のあるジクロフェナクナトリウムのみが配合された外用薬です。

さらっとしたゲルタイプになっているので、塗った上から服を着てもベタつくことがありません。アルコールが配合されているので、清涼感があることも特徴です。

有効成分の違いまとめ

商品名効果フェイタスZαローションフェイタスZクリームフェイタスZゲル
画像
ジクロフェナクナトリウム痛みと炎症を抑える1.0g1.0g1.0g
l-メントール清涼感を与えて痛みを和らげる3g
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

フェイタスシリーズの効能効果の違い

フェイタスのシリーズは、どれも効能効果に違いはありません

関節痛、筋肉痛、腰痛、腱鞘炎(手・手首・足首の痛みとはれ)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、ねんざ、肩こりに伴う肩の痛み

ただし、種類によって効果の高さが違うものもあるので、痛みの程度に合ったものを選ぶようにすることが大切です。

フェイタスシリーズの選び方

フェイタスシリーズの選び方

19種類もあるフェイタスのシリーズですが、選び方は意外と簡単です。

  • 鎮痛効果が高いのか
  • 使いやすい形状か
  • 冷やした方が楽か温めた方が楽か

この3点を軸に自分に合ったものを選んでみましょう。

鎮痛効果が高いものが欲しい方

鎮痛効果の高さを重視する方には、「フェイタスZαジクサス」や「フェイタスZαジクサス温感」がよいでしょう

フェイタスのシリーズでは最大量となるジクロフェナクナトリウムが配合されています。ジクロフェナクナトリウムは市販の湿布薬のなかで鎮痛効果がもっとも高い成分です。

岡本

患部を温めた方が痛みが楽になる方は温感タイプのほうを選びましょう。

患部に塗り込んで使いたい方

患部をマッサージしながら塗り込んで使いたい方には「フェイタスZクリーム」や「フェイタスクリーム」がよいでしょう

伸びがよく、塗り込んでもカスのようなものが出ません。すべりもよいので、塗りながら患部をマッサージしたい方にも向いています。

岡本

鎮痛効果はフェイタスZクリーム>フェイタスクリームです。効くものが欲しい方は「フェイタスZクリーム」を選びましょう。

さらっとした使用感が好みの方

created by Rinker
久光製薬
¥1,687 (2022/05/28 09:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

さらっとした使用感が好みの方には「フェイタスZαジクサスゲル」がよいでしょう。

清涼感がありベタつかないため、上から衣服を羽織っても気になりません。

岡本

ゲルはすーっと馴染むので皮ふにいつまでも薬が残りません。

温めると症状が楽になる方

患部を温めると痛みが和らぐという方には「フェイタスZαジクサス温感」や「フェイタス5.0温感」がよいでしょう。

患部を温める働きのある成分が温感刺激を与えて痛みを楽にしてくれます。

岡本

鎮痛効果の高さはフェイタスZαジクサス温感>フェイタス5.0温感です。痛みがつらい方は「フェイタスZαジクサス温感」のほうを選んでみてください。

患部が熱をもっていたり腫れていたりする方

患部が熱をもっていたり腫れていたりする方には「フェイタスシップ」がよいでしょう

冷感タイプの湿布薬なので、痛みを取り除きながら患部を冷やして熱や腫れを抑えてくれます。

岡本

捻挫したり体を強く打ってしまったときなどは、冷感タイプのフェイタスシップが活躍するでしょう。

安くて鎮痛効果が高い外用薬をお探しの方向けの商品

安くて鎮痛効果が高い外用薬をお探しの方におすすめの商品

「効果が高いものが欲しいけど、よく効くものは高くて手が出しにくい…」とお悩みの方はいませんか?

フェイタスのシリーズではありませんが、Amazon限定ブランドから出ている湿布薬のなかには、フェイタスと効き目がほぼ同じなのに安く購入できるものがあります。

メーカーにこだわりがない方は、こちらのほうがお得に購入できるのぜひ検討してみてください。

商品名シンパスジクロフェナクゲルフェイタスZゲル
画像
ジクロフェナクナトリウム1.0g1.0g
l-メントール3.0g
内容量50g25g
価格約740円約880円

「シンパスジクロフェナクゲル」は、フェイタスZゲルと同じくジクロフェナクナトリウムが主成分として配合されています。

内容量はフェイタスZゲルの2倍あるのにもかかわらず、お値段は安くなっているお財布に嬉しい商品です。

まとめ

フェイタスのシリーズには大きくわけて次の3つの種類があります。

  • フェイタス
  • フェイタスZαジクサス
  • フェイタスZ

「フェイタス」は主成分としてフェルビナクが配合されているシリーズです。「フェイタスZαジクサス」と「フェイタスZ」にはジクロフェナクナトリウムが配合されています。

効果の高さはジクロフェナクナトリウム>フェルビナクです。

高い効果を期待する方は「フェイタスZαジクサス」や「フェイタスZ」のシリーズを選ぶとよいでしょう。

チェックポイント

・鎮痛効果が高いものが欲しい方→フェイタスZαジクサスフェイタスZαジクサス温感
・患部に塗り込んで使いたい方→フェイタスZクリームフェイタスクリーム
・さらっとした使用感が好みの方→フェイタスZαジクサスゲル
・温めると症状が楽になる方→フェイタスZαジクサス温感フェイタス5.0温感
・患部が熱をもっていたり腫れていたりする方→フェイタスシップ

ゲルタイプのもでよければ、Amazonブランドから実質半額ほどで購入できる「シンパスジクロフェナクゲル」も販売されています。

岡本

フェイタスはどれも効果が比較的高い成分が配合されています。どれを選んでも高い効果が期待できますが、しっかり痛みを抑えたい方はジクロフェナクナトリウムが配合されている「フェイタスZαジクサス」や「フェイタスZ」のシリーズを選んでみてください。

ABOUT ME
岡本
元大手ドラッグストアのOTC専門薬剤師。日本でトップレベルの売上げと来客数を誇る繁忙店で経験を積みました。市販薬の正しい知識について発信中。現在は「マリモドラッグ」を含め大手WEBメディアで医療記事を執筆しています。