市販薬・健康

リグロEX5やリアップに配合されているミノキシジルの効果や副作用とは?

これまで市販の発毛剤は大正製薬のリアップシリーズが独占状態でしたが、特許が切れたことにより他のメーカーからもさまざまなミノキシジル配合の市販薬が販売されています。

価格競争により今までよりも低価格でミノキシジルが手に入るかもしれない。そんな時代が間違いなく近づいているのです。

ところでミノキシジルって本当に効くの?
これから安くなるといっても、まだ1本7,000円はするよ?大金を出して副作用が出るなんて嫌だよ?

とミノキシジルに対して疑問を持っている方も多いです。そこで今回はリグロEX5やリアップX5、メディカルミノキ5などに代表されるミノキシジルの効果・副作用について薬剤師が徹底的に解説していきます。

ミノキシジルって何?どんな商品に配合されているの?

そもそもミノキシジルって何?なんでミノキシジルを使うと髪の毛が生えて来るの?という疑問がある方もいるでしょう。なんだかよくわからないまま使うよりは、ミノキシジルについてよく知った上で使った方が、発毛に対するモチベーションも上がります。

ミノキシジルの作用機序

まりも薬剤師
まりも薬剤師
簡単に言えばミノキシジルは、毛包に直接働いて髪の毛を抜けにくくし、さらに髪の毛の成長を促進する働きを持つ成分です。

もう少しわかりやすく説明するために、下の図を使って説明していきます。

(参考:発毛剤 リグロREX5 | ロート製薬: 商品情報サイト

どんなに健康な髪の毛でも生えてきたらいつかは抜け落ちます。それは髪の毛に毛周期と呼ばれる周期があるからです。

初期成長期→成長期→退行期→休止期→脱毛期→初期成長期というサイクルで髪の毛の周期は進みます。脱毛症の方もそうでない方もこの周期の流れは変わりません。

脱毛症になってしまう方は、健康な方よりも成長期から脱毛期へ進むスピードが速いのです。つまり髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまうというわけですね。

ミノキシジルはこの毛周期に着眼した成分です。髪の毛を初期成長期から成長期へと移行を促進し、成長期の期間を長く維持します。また休止期の髪の毛に働いて初期成長期へ移行するようにも促進してくれます。

つまりミノキシジルは短くなった成長期をもとの状態へと戻し、抜けにくくすることで脱毛症の治療をしていく成分です。

ミノキシジルが配合されている商品

ミノキシジル配合の市販薬は現在有名どころだと

  1. 大正製薬のリアップ
  2. アンファーのメディカルミノキ
  3. ロート製薬のリグロEX5(2018/11/17発売)

があります。

大正製薬のリアップシリーズ

リアップのシリーズはとにかく種類が多いです。今あるだけで、5種類もあります。

これだけいっぱいあると、選ぶのに迷いそうですね。でも安心してください。

まりも薬剤師
まりも薬剤師
リアップを購入される方の90%以上はミノキシジルを5%配合したリアップX5プラスを購入されています。

他リアッププラスやリアップジェットなどは、ミノキシジルの配合量が1%と、リアップX5プラスの5分の1しか入っていないので、正直、購入者はあまりいません。ドラッグストアで長年勤めた私が言うので間違いないです。

アンファーのメディカルミノキ5

アンファーから発売されている発毛剤はメディカルミノキ5のみです。

まとめ買いすることで1本あたり6,250円まで安くなるのが特徴ですね。
(※Amazonではまとめ売りしていません)

ちなみに女性用に発売されているエストロジー スカルプセラムは育毛剤じゃなくて発毛剤。髪を生やす育毛剤とは違って、今ある髪の毛をより太く黒くしてあげるのが発毛剤です。

ロート製薬のリグロEX5

ロート製薬の発毛剤はリグロEX5のみです。ミノキシジルを5%配合した発毛剤で、発売日は2018年11月17日。

1本単品で買う場合はリグロEX5がもっともお値段が安いことが特徴です。

リアップX5プラス、メディカルミノキ、リグロEX5の違いを知りたい方は以下の記事に詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リグロEX5を比較!リアップX5、メディカルミノキ5との違い効果を薬剤師が解説ロート製薬から発売される新しい発毛剤「リグロEX5」の成分や効果を薬剤師が解説。既存のリアップX5やメディカルミノキ5との違いもご説明しています。発毛剤選びにお悩みの方、どの発毛剤がオススメなのかを知りたい方にピッタリの情報をお届け。...

ミノキシジルを使ったらどれくらいの期間で効果が出る?

ミノキシジルの特許切れによって市場が激化し、発毛剤を安く買えるようになるかも?なんて言われていますが、それでも1本(1ヶ月分)で7,000円はします。

決して安い買い物とは言えないミノキシジルですが、どのくらいの期間使えば効果が出るのでしょうか。

リアップX5プラスを発売している大正製薬が、非常によい臨床データを上げていたのでそちらを参考に見ていきましょう。

ミノキシジルの発毛に対する臨床データ

こちらはミノキシジルの使用を始めて、どれくらい発毛に効果があったのかを示したグラフです。ミノキシジルを使った被験者自身が発毛効果を

  • 非常に良くなった
  • 良くなった
  • 少し良くなった
  • 変わらなかった
  • 悪くなった

の5段階で評価しています。

使用を開始して4週後は約96%の方が「変わらなかった」と回答。しかし16週後には約70%の方が「少し良くなった」「良くなった」「非常に良くなった」と何かしらの発毛効果を実感しています。

52週を超えるころには約90%の方が効果を実感していますね。このグラフを見てわかるのはミノキシジルはすぐに効果が出るものではないが、16週以上続けて使うことで効果を実感できるものだということがわかります。

大正製薬がリアップの宣伝の際に「まずは4ヶ月!」と言っているのは4ヶ月(16週間)使うことで効果を実感する方が大きく増えることに起因しています。

ミノキシジルによる総毛髪量の変化

こちらは1平方センチメートルあたりの毛髪数の変化を示したグラフです。ミノキシジルを4週使用した時点では1.4本だったのですが、8週後には19.0本16週後には22.3本にまで増えています。

目で見て発毛の効果を実感できるのはミノキシジルの使用を始めて16週後あたりからとなりますが、実際は使用を始めて8週後には毛髪数が1.4本→19.0本と約14倍にまで増えているのです。

ミノキシジルによる髪の毛の太さの変化

こちらはミノキシジルを使うことによって、髪の毛の太さにどう変化があったのかを示したグラフです。40μm以上の髪の毛の本数を計測しています。

ミノキシジルを4週使用した時点では40μm以上の髪の毛は1平方センチメートルあたり0.8本でしたが、16週後には26.4本と33倍にも40μm以上の毛髪数が増えていることがわかります。

(データ参照:リアップX5プラスの発毛効果データ | 大正製薬

これらのグラフからミノキシジルは使用を開始して16週後から毛髪量の変化を実感できます。また、ミノキシジルには毛髪数を増やすだけでなく、髪の毛の太さも太くする効果があることがわかりました。

ミノキシジルが効きやすい場所・脱毛症とは?

ミノキシジルって、どんな壮年性脱毛症にも効果があるのでしょうか。リアップX5プラスの添付文書にどのような脱毛症に効果があるのかが載っていますので、そちらを見てみましょう。


(参考:製品情報 | リアップX5プラス | 大正製薬

上の図を見てわかる通り、頭頂部の脱毛症にも生え際からの脱毛症にもミノキシジルは効果を発揮します。ただし、写真の右2つに関しては「※脱毛範囲がこれら以上の場合には効果が得られない可能性があります」と記載がありますね。

残念ながら、すべての方のどのような脱毛症にも効くというお薬ではありません。

薬剤師が解説!効果を出すために必ず実践したいミノキシジルの正しい使い方

ミノキシジル製品の使い方はどの商品にも共通しています。

成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mlを脱毛している頭皮に塗布

※リアップリジェンヌは女性でも使用できます

リアップX5プラスでも、メディカルミノキ5でもリグロEX5でも使い方はどれも同じです。ミノキシジル配合の市販薬は第一類医薬品といって薬剤師が使い方を説明する義務がありますので、初めて使う方には上記のような説明を必ずしています。

ですが、ミノキシジル愛用者の方からけっこうな頻度でこのようなことを言われます。

たくさん使った方が早く生えそうだから多めに使っているよ。

これはダメですよ。まず多く使ったところで発毛効果は変わりません。たったの1mlで頭皮全体にきちんと塗れるの?と不安に思ってたくさんつけたくなる気持ちはわかりますが、1mlでも十分に頭皮全体に塗れます

試しにリアップX5プラス1mlでどれくらいの範囲に塗布できるのかをティッシュを使って実験したことがあるのですが、1mlで十分にティッシュ1枚がひたひたになりました。

まだ怪しんでいる方はティッシュを1枚取って頭にかぶせてみてください。だいたい頭皮の面積とティッシュ枚の面積は同じくらいなはずです。

1回1mlを朝と夜とに1回ずつ、合計で1日に2回使うのがミノキシジルの正しい使い方です。多く塗ってもムダになるだけなので止めましょう。

ミノキシジルで起こりうる副作用とは?

ミノキシジルはお薬です。副作用のないお薬はありません。もちろんミノキシジルにも何らかの副作用が起こる可能性があります。

具体的には以下の副作用が起こる可能性があります。

  • 頭皮の痒みや赤み
  • 頭痛やふらつき
  • 胸の痛み、心拍数の増加
  • 原因のわからない急激な体重増加

頭皮のかゆみや赤みは使用者の5%ほどで見られたという報告があります。頭痛やふらつきが約0.5%、その他の副作用はほぼ0%です。

もっとも起こる可能性の多い副作用は皮膚への副作用といえるでしょう。どうしても皮膚に合う合わないはありますので、かぶれてしまったり赤みが出てしまった場合は使用を中止してください。

まりも薬剤師
まりも薬剤師
ちなみに私の経験談にはなりますが、4年間ドラッグストアで毎日リアップを売り続けて何か副作用が出たと言われた方は1人もいませんでした。

まとめ

ミノキシジルは使いはじめてすぐに効果が出るものではありません。1ヶ月毎日使っても発毛効果はなかなか実感できないでしょう。しかし4ヶ月使い続けたころで約70%の方が何かしらの効果を実感しています。

即効性がないため途中で諦めてしまう方が非常に多いのがミノキシジルのデメリットとも言えるのですが、ここで諦めずに継続した方の多くが発毛効果を実感できます。

諦めずに使い続けることが大切なお薬といって間違いないでしょう。